徹底した滅菌対策で院内感染予防を

平日:10時~21時まで
/土曜:10時~17時まで
/休診:日曜日・祝祭日

千早デンタルクリニック

24時間受付WEB診療予約

TEL.042-482-1090

滅菌対策について

ClassB Sterilization

滅菌のクオリティは世界基準の
「クラスB」の時代へ

クラスB滅菌

インプラントなどの外科的処置をはじめ、歯周外科など目覚ましく高度化している歯科医療。治療器材を通じての感染防止の標準予防策も、高度化に応じた滅菌のクオリティが今日では求められています。

千早デンタルクリニックでは、医療先進国のヨーロッパ規格EN13060において、最も厳しいと言われる基準のClassB規格をクリアした「バキュクレーブ®31B+」を導入しています。

日本で初めてMELAG社製の
クラスB滅菌器を導入した歯科医院です

当院では、これからのグローバルスタンダードである、ヨーロッパ基準のMELAG(メラグ)社のClassBを満たした滅菌器を日本で初導入しました。

MELAG(メラグ)社は、1951年ドイツで創業され、滅菌装置を専門に手掛ける医療用滅菌装置の製造会社です。現在、世界5ヶ国500以上のパートナー(ディーラーや代理店など)と取引を行い、累計45万台以上の装置を販売する、滅菌装置分野での世界トップメーカーです。

“滅菌能力を極めること”をコンセプトとするMELAG社の製品は全て、創業以来ドイツ国内(ベルリン)で開発・製造を実施。世界トップクラスの品質と安全を提供している会社です。

ヨーロッパで最も厳しい基準をクリアした
クラスB規格の滅菌器

当院が導入しているクラスB滅菌器は、優れた滅菌性能とあらゆる器材の滅菌を可能としています。

ドイツの医療機関では、ClassB滅菌を導入している歯科医療機関は80%にのぼると言われています。一方、現状の日本の民間医療機関では、クラスB滅菌の導入率は2%程度と言われています。

  • 医療先進国ヨーロッパ規格の滅菌クオリティ
  • 徹底的な空気除去による真空蒸気滅菌
  • 複雑な形状・さまざまな種類の器材を滅菌可能

このように今後も、確かな感染対策とグローバルスタンダードとなる滅菌のクオリティを提供し、患者様に安心と安全をお届けする歯科医院を目指します。

プレポストバキューム方式と
重力置換方式による滅菌対象物

Class 滅菌できる対象器具 Classごとの滅菌方法と状態
Class B 非包装または包装(一重・多重)の固形、中腔、多孔性物(衣類など) 滅菌前および乾燥時に数回の真空状態を作り出すプレポストバキューム方式。あらゆる種類・形状の被滅菌物を滅菌できる性能を備えています。
Class S メーカー特定の対象物のみ:非包装の中腔物、包装された固形物 滅菌前および乾燥時に真空状態を作り出すプレポストバキューム方式。滅菌前の真空工程は1回となります。
Class N 非包装の固形物(滅菌後直ちに使用) 蒸気と空気の重量の違いを利用して空気除去を行う重力置換式。日本では一般的なクラスですが、用途や被滅菌物の種類には限りがあります。

医療従事者の責務として

ClassBの滅菌器は、今までの歯科で使用されている滅菌器よりも滅菌の工程がさらに厳しく「あらゆる種類の被滅菌物を完全に滅菌することができる」とされています。

大切な患者様のお身体をお守りし、安心して通院して頂ける環境作りをしていくことも、私たち、医療従事者の責務と考えております。