調布駅でなるべく痛くなく歯を削らない虫歯治療

平日:10時~21時まで
/土曜:10時~17時まで
/休診:日曜日・祝祭日

千早デンタルクリニック

24時間受付WEB診療予約

TEL.042-482-1090

むし歯予防と治療

Cavity Prevent / Treatment

むし歯とは

むし歯とは、細菌によって歯が溶かされる病気であり、決して自然に治癒することはありません。放置しておけばそのまま悪化してしまうため、歯医者さんで細菌に侵された歯の一部分を削る必要があります。

むし歯は進行段階によって名称が異なり、一般的には「C0」~「C4」に分類されます。ここでは、むし歯のメカニズムと段階ごとの虫歯の状態と治療法をご紹介します。

むし歯のメカニズム

虫歯は歯の表面に粘着したプラーク(バイオフィルム)が、飲食をするたびに栄養を取り込んで酸を放出します。

プラークから放出された酸が「エナメル質」の中に浸透して歯を溶かし(脱灰)、硬い歯がまるで豆腐のように柔らかくなります。この歯が柔らかくなった部分を一般的に「むし歯」と呼びます。

そこに虫歯菌が侵入し、さらに内部へ穴の連鎖が続いていきます。これが虫歯ができて深く進行していくメカニズムです。

次のような4つの条件がそろった場合に、むし歯になると考えられています。

  • むし歯になりやすい歯の質、歯並び、咬み合わせになっている
  • むし歯の原因菌が旺盛な活動をしている
  • 歯につきやすい甘いもの(糖質)を多く摂取する食習慣がある
  • プラーク(歯垢)が歯に付着したままになっている時間が長い

むし歯の進行度

C0

C0

C0

むし歯の手前の段階。定期的に経過観察を行います。

C1

C1

C1

虫歯ができ始めの状態。定期健診で早めに虫歯を発見し、すぐに治療できます。

C2

C2

C2

虫歯が進んで時々痛む。この時点で治療をすると、患部を削って詰め物をする程度で済みます。

C3

C3

C3

虫歯が進行し、ひどく痛む。歯の神経や歯根治療します。金属冠など、歯冠部にかぶせたり、詰めたりします。

C4

C4

C4

歯冠が崩壊し、根っこだけが残っている状態。虫歯が根の中まで進行し、抜かざるを得ない場合もあります。

むし歯の治療法

  • 抗菌剤を使って虫歯を溶かす(主に小さな虫歯)
    虫歯に侵された部分を最小限削ったあとに、安全な3種類の抗菌剤を混ぜて作った薬をぬります。こうすることで、周りの虫歯に侵された疑いのある部分や神経のバイ菌を殺し、歯や神経を守ります。
  • 樹脂などで詰める (主に小さな虫歯)
    小さな虫歯は、削り取った後、すぐに樹脂などで穴を塞げば治療が終わります。歯を元の形に整えて、光などを当てて樹脂を固めます。治療が1回で済むので、通院の負担もかかりません。
  • 型を取って、嵌め込む (主に中程度の虫歯)
    中程度の虫歯は少し深く削るので、樹脂で塞ぐだけでは済みません。一度歯の型を取って、虫歯を削った部分にピッタリと収まる物を作ります。材質は金属や樹脂などです。型はすぐにはできないので、治療には最低2回程度かかります。
  • 歯に金属などを被せる (大きな虫歯・深い虫歯)
    大きな虫歯や深い虫歯の場合、歯と歯がぶつかり合う際の力に耐えるようにするため、虫歯の箇所以外に歯の周囲も削って被せることになります。2と同じく一度型を取りますが、歯に丸ごとかぶせる、被せ物を作ることになります。治療には数回通う必要があります。

むし歯を予防するためには

  • 食事や間食は規則正しくとって、砂糖を控えます。
  • 硬い食品をよく噛んで食べれば、唾液の自浄作用が期待できます。
  • ブラシ、歯間ブラシ、デンタルフロスなどを適材適所に使って、正しい歯磨きをします。
  • フッ素化合物を歯科医院で歯面に塗布してもらいます。
  • フッ素、デキストラナーゼ、クロルヘキシジンなどの薬剤の入った歯磨剤を使います。
  • むし歯になりやすい部分をあらかじめ予防充填しておきます。

治療メニュー

  • 予防歯科
    当院が考える「予防歯科」とは、歯の病気を未然に防ぐことを目的にしています。

    Click

  • むし歯予防と治療
    なるべく削らず・痛みが無く、虫歯治療そしてその後の予防に取り組んでいます。

    Click

  • 歯周病予防と治療
    歯周病を予防・治療し治すことで、健康な生活を送れる要素にもなります。

    Click